林工業 株式会社

精密金型製造と金属プレス加工、切削・溶接・組立の一貫生産

理化学実験機器/検査機器の設計開発|林工業株式会社

ISO9001:2000認証取得

 

2005年2月18日
ISO9001:2000認証取得
2010年2月19日
ISO9001:2008改定
2017年2月18日
ISO9001:2015改定

登録範囲:
本社
西那須野工場
那須烏山工場
 

品質方針 詳しくはこちら

 

営業品目

精密プレス金型の設計・開発
製造及び金属プレス部品の製造

◇プレス金型
ファインブランキング金型
順送金型
単発金型

切削加工部品の製造

◇金属プレス加工
絞り加工
ファインブランキング
エンボス加工
曲げ加工
打抜き加工

理化学機器(粉砕機、加熱機、攪拌、振盪機)
の設計・開発及び製造

◇開発製品
理化学機器
実験機器

◇焼結材切削加工
◇溶接
◇組立

 

生産工程フロー図はコチラ
生産工程フロー図はコチラ

 

製造業の企業価値向上に役立つポータルサイト『WA(ダブルエー)』
製造業の企業価値向上ポータル

 

HOME»  「工園」ということ

「工園」ということ

 

工園

昭和37年、東京本社工場の業務拡大に伴い栃木県西那須野町(現:那須塩原市)の地に桑畑などの用地であった4000坪の土地を取得し、西那須野工場を設立しました。

西那須野工場は、当社量産工場として徐々に発展を遂げ、組立て工場やクリーンルームの完成などに伴い、従業員の数は徐々に増えていきます。

そんな中 従業員やお客様にに憩いの場所を提供する事を目的として様々な木や花を植えてまいりました。節目節目で植えて言った植物、今では季節ごとに花が咲き、実がなり、香りを楽しませてくれるようになりました。

また防災池は、那須の豊かな雪解け水が流れ込んでいます。ニシキゴイを放ち、防災池本来の使用をすることのないよう安全管理を計りながら憩いの場として維持管理しています。

「工場」ではありますが、従業員にとっては人生の半分近くを過ごす場所。殺風景な景色ではなく季節を感じながら仕事ができる「工園」でありたい。そんな気持ちから、今でも植物を植え続けています。

 

工園風景

工園

季節により表情を変える池≫
≪春の風を運ぶ梅の花(春)

工園
工園

紅葉のもみじ。
柿と栗もこの時期はたくさん実ります。≫
≪冬の終わりを告げる木蓮

工園

 

お問い合わせ

ご依頼・お見積り・ご質問 お気軽にご相談ください