林工業 株式会社

精密金型製造と金属プレス加工、切削・溶接・組立の一貫生産

理化学実験機器/検査機器の設計開発|林工業株式会社

ISO9001:2000認証取得

 

2005年2月18日
ISO9001:2000認証取得
2010年2月19日
ISO9001:2008改定
2017年2月18日
ISO9001:2015改定

登録範囲:
本社
西那須野工場
那須烏山工場
 

品質方針 詳しくはこちら

 

営業品目

精密プレス金型の設計・開発
製造及び金属プレス部品の製造

◇プレス金型
ファインブランキング金型
順送金型
単発金型

切削加工部品の製造

◇金属プレス加工
絞り加工
ファインブランキング
エンボス加工
曲げ加工
打抜き加工

理化学機器(粉砕機、加熱機、攪拌、振盪機)
の設計・開発及び製造

◇開発製品
理化学機器
実験機器

◇焼結材切削加工
◇溶接
◇組立

 

生産工程フロー図はコチラ
生産工程フロー図はコチラ

 

製造業の企業価値向上に役立つポータルサイト『WA(ダブルエー)』
製造業の企業価値向上ポータル

 

HOME»  技術紹介

技術紹介

ここでは、当社製造技術のうち、コストダウンに貢献したものや、当社の提案で実現した部品のうちのいくつかを掲示いたします。

 

プレス・溶接・塗装・組立・検査装置開発 一貫生産による得意先管理工数削減

部品製造業のお客様は、一部組立により使用機能を持たせた機能部品を開発製造する過程で、
金型を作り、材料を買い、プレス加工や樹脂成形を行い、その部品を組み立てて機能部品を完成
させています。当社はそれらを一貫生産受託することと、保証面でも検査機器を自作していることで
機能部品を完成形で機能保証を行うことができます。得意先様の管理工数を大幅に減らすことで
見積には見えない原価低減を提供しております。
 

 


手前が金型製作、4部品プレス加工、溶接、塗装、組立を行い、アームレストの骨組みとして完成した機能部品
 
ばねの力(トルク)を計測し、機能部品に必要な要素を組立途中に自動測定する機器を自作することにより、全数保証をしています。
   

 

溶接工程の削減

元来、写真左のように突き出ている円筒部分はプレス部品と切削部品をアーク溶接して製造していました。製造個数の増大により、切削加工では製造能力不足となっていた製品ですが、写真右の様に厚めの板材からプレスでボス出しを行い、使用用途に必要な円筒部分を押し出し加工したケースです。

 

ファインブランキング   ファインブランキング    
 改善前    改善後    

 

積層プレス部品

厚さが約10mmある部品です。約1mmの板材を積み重ねながらプレスし、最後のステージで重なった10枚を落とすという金型を作成し、自動的に一体型部品に仕上げる技法です。量産品で、厚く、破断面がきれいに仕上げる必要が有る部品は積層プレスが適しています。

 

積層プレス        

 

エンボス加工

4本のピンが突起していますが、この部品も順送りプレスの工程内で自動的に外形のプレスとは別にピン部分の肉を搾り出して加工します。後ほどメッキ処理をしてありますがピンを溶接する工程を削減している例です。

 

エンボス加工   エンボス加工    

 

お問い合わせ

ご依頼・お見積り・ご質問 お気軽にご相談ください